元FC東京の小澤竜己がゴール!JPVマリキナが連敗脱出となる勝利をあげる (フィリピンリーグ)


Photo by JPV Marina Facebook page

5月26日、27日。フィリピンリーグ1部、スタリオン ラグーナFC対セレス・ネグロスFCとグローバルFC対JPVマリキナの2試合が行われ、首位を走るセレス・ネグロスが3−2でスタリオンを退け、JPVマリキナが連敗脱出となる勝利を挙げた。

AFCカップでもASEANゾーンの決勝進出を果たしているセレス・ネグロスFCは先制を許す苦しい展開となったが、AFCカップでも活躍を続けるマラノンなど強力攻撃陣がその後3得点を奪い逆転。しっかりと首位の座を守った。

下位対決となったグローバルFC対JPVマリキナ。JPVの日本人選手が活躍する。前半の17分に森保が直接フリーキックを決めると、後半には小澤竜己(元 FC東京、ガイナーレ鳥取など)が得意の飛び出しから落ち着いてゴールに流し込み2−0。

その後お互い1点を奪い合うも1−3でJPVマリキナが連敗脱出となる勝ち点3を獲得した。

Previous フィリピンリーグ1部 現在1位は上里琢文 (元京都サンガ、FC琉球) が所属するセレス・ネグロスFC
Next 名門大学体育会サッカー部主将が26歳で海外挑戦した物語 後編

No Comment

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です