ラオプレミアリーグ🇱🇦日本人選手4人と日本人監督を擁するラオトヨタFCが優勝!


Photo by Lao TOYOTA FC Facebook Page

8月5日、ラオプレミアリーグ2018シーズンの全日程が終了した。

優勝はラオトヨタFC。昨シーズンに続いての2年連続3度目となるリーグ優勝だ。本間和生、大谷壮馬、山口廉史、西原拓夢という4人の日本人選手、そして監督は福田潤氏が務めた。

ラオスでの5シーズン目を迎えたチームの大黒柱、本間和生は

「チームとして1段階上のレベルに成長できたシーズンだった」

と今シーズンを振り返る。プレッシャーを感じる時期もあったと語る本間だが、リーグ戦21ゴールをあげ文句なしの得点王に輝いた。自身4度目となるリーグ戦得点王。そしてラオスでの5シーズンで公式戦得点数を125得点にまで伸ばした。

本間和生は自身3度目のリーグ優勝。

リーグ優勝したラオトヨタFCには2019シーズンのAFCカップの出場権が与えられる。ラオス国内だけではなく、東南アジアでもその存在感を発揮することができるか。来シーズンへの期待は大きくなる。

以下、最終順位。

優勝 LAO TOYOTA FC

(所属日本人選手)

本間和生
大谷壮馬
山口廉史
西原拓夢

Photo by Lao TOYOTA FC

2位 POLICE FC

3位 LUANGPRABANG UTD

中村大我
石川令
小澤淳一

Photo by Luangprabang FC Facebook page

4位 MASTER 7 FC

新祐太朗
田代主水

Photo by Master 7 FC Facebook

5位 SAVAN UNITED

6位 YOUNG ELEPHANT FC

7位 ARMY FC

8位 DK FC

井口椋雅

Photo by DK FC Facebook page
Previous 自分にしか見れない景色を見てきた男のストーリー 前編
Next 自分にしか見れない景色を見てきた男のストーリー 後編

No Comment

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です