J3→カンボジアリーグ 福島ユナイテッド三橋がプノンペン・クラウンFCへ移籍


カンボジアリーグに所属するプノンペン・クラウンFCは6日、クラブのfacebookページでJ3福島ユナイテッドに所属していた三橋秀平の獲得を発表した。

プノンペン・クラウンFCはカンボジアの首都プノンペンを本拠地とするクラブで、過去6度のリーグ王者にも輝いたカンボジアリーグを代表するクラブの一つだ。

ホームスタジアムであるRNS Stadiumの収容人数は5,000人。プノンペン郊外にあり、プノンペンの中心からは車で30分ほど。カンボジアで初めて建てられたサッカー専用スタジアムだ。

カンボジアリーグでは1チーム5人までの外国人の登録が認められており、チームは試合の中で同時に4人の外国人選手を起用することが出来る。またそのうちの1人はAFC加盟国の国籍の選手でなければならないというルールだ。

プノンペン・クラウンFCには既に4人のブラジル人選手が在籍しており、三橋は5人目の外国人選手として迎えられる。

2018シーズンは5位という結果に終わったプノンペン・クラウンFC。2015シーズン以来となるリーグ優勝は果たすことができるか。またカンボジアリーグ優勝チームには来シーズンのAFCカッププレーオフへの出場権が与えられる。

J3からカンボジア、そしてアジアの舞台へ。今シーズンの活躍に期待したい。

Previous 【タイリーグ1 】 ハーフナー・マイクのタイリーグデビューは!?  Bangkok United vs Muangthong United
Next AFCチャンピオンズリーグ2019が開幕 【グループE-H ハイライト】

No Comment

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です