得点量産態勢か ハーフナー・マイクがタイリーグ2得点目!


タイリーグのバンコク・ユナイテッドのスタジアム
バンコク・ユナイテッドのホームTrueスタジアム

J1ヴィッセル神戸からタイリーグのバンコク・ユナイテッドに加入した元日本代表のハーフナー・マイクがリーグ戦第7節で今シーズン2得点目となるゴールを決めた。

4月6日、ホームTrueスタジアムにスパンブリーFCを迎えたバンコク・ユナイテッド。この試合にハーフナー・マイクは先発出場を果たした。前半13分には決定的チャンスを外してしまう場面もあったが、バンコク・ユナイテッドは前半30分にボニーラがPKを沈めて1-0とリード。前半45分、センタリングのボールが相手に当たりゴール前でフリーのハーフナーの前に落ちる。このボールをハーフナーが頭で難なく押し込み2-0とした。


その後、後半56分には左サイドでスルーパスを引き出したハーフナーはグラウンダーの絶妙なアーリークロスでボニーラのゴールをお膳立て。ここまで出場機会に恵まれていなかったハーフナーだが、チームにもフィットしてきているようだ。

この後、ティラテープ・ウィノータイのゴールで4-0としたバンコク・ユナイテッドはは7試合で3勝2分2敗の勝ち点11とし、順位も7位から4位へと上げた。首位は勝ち点14 でポートFC。2位に昨シーズン王者のブリーラム・ユナイテッド。3位にはプラチュアップがつけている。

Previous ハーフナー・マイクがタイリーグ初得点
Next リーグ前哨戦、モンゴルスーパーカップで日本人が大活躍

No Comment

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です