中島翔哉vs塩谷司 ACLで日本人対決!


AFC アジアチャンピオンズリーグ
AFCアジアチャンピオンズリーグ グループステージ第3節

4月8日、AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第3節、アル・ドゥハイルSC(カタール)対アル・アイン(UAE)の試合がアル・ドゥハイルのホームスタジアム、アブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアムで行われた。

アル・ドゥハイル(カタール)には日本代表の中島翔哉、アル・アイン(UAE)には日本代表塩谷司がそれぞれ所属している。この試合には2人とも先発メンバーに名を連ねた。

前半8分アル・ドゥハイルが右サイドを崩し、センタリングからカリム・ブディアフの見事なボレーシュートで先制すると、31分にも右サイドを崩し、今度はユセフ・エル・アラビの追加点でアル・ドゥハイルが2-0とする。しかし35分、アル・アインは裏に抜け出したジャマル・イブラヒム・フセインがGKとの1対1を落ち着いて沈めて2-1。すると後半、センタリングのボール処理を誤ったGKのミスを見逃さなかったマルクス・ベリが押し込み2-2とした。

試合はこのまま2-2で終了。塩谷司はフル出場、中島翔哉は89分に退いた。

この結果、アル・ドゥハイルは1勝1分1敗の勝ち点4で2位。アル・アインは2分1敗で勝ち点2でグループ最下位となっている。

次節は4月23日(火)、アル・アインのホームにアル・ドゥハイルを迎える。

 

Previous リーグ前哨戦、モンゴルスーパーカップで日本人が大活躍
Next AFCアジアチャンピオンズリーグ第3節

No Comment

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です